東京都中央区の日枝神社・お宮参り・七五三|祈願お参りは日本橋日枝神社

お宮参りについて

1. 初宮詣とは

初宮詣は、無事に出産を終えたことを神様に奉告するとともに、お子様が生まれて初めて神社に参拝することで新しく氏子として認められ、大神様のご神徳によって今後健やかに成長することを祈る行事です。

お宮参り・七五三

2. 初宮詣の時期

初宮詣は伝統的に、男の子は生後32日目、女の子は生後33日目にお参りするのが習わしですが、お子様の健康を考え、またご家族のご都合の合う日を選んでお参りください。

3. お食い初め

初宮詣の御祈祷をお受けの方には、お喰い初めの一式をお頒かちしております。お喰い初めは子供の成長を神様に感謝し、将来食べるものに困らないように行う儀式で、一般的に生後百日目に行われます。一例として食膳に魚(多く尾頭付きの鯛)、汁物、赤飯、香の物(多く梅干し)、煮物を盛り、親戚の内の長者のものが箸を取り、子供に食べさせる所作をします。古くは氏神様の境内からお借りしてきた石を置き神様の依代とし、子供の歯が丈夫になうようにと祈る風習がありました。

お宮参り・七五三

4. 赤ちゃんと犬張子

昔から伝わるおまじないに、『むずがる赤ん坊を寝かすには「いんのこ」と唱える』というものがあります。「いんのこ」とは「犬の子」の転じたものです。犬は悪いものを察知して追い払う能力があるとされ、「いんのこ」と唱えることで子供が悪夢に襲われるのを防ぐという考えがあったようです。このおまじないと同様に、犬張子の置物を子供のそばに置いて魔除けにするということも行われました。初宮詣の際には子育守をお受けになり、お子様の健やかなご成長をお祈り下さい。

お宮参り・七五三

七五三について

七五三詣は三歳の男女児、五歳の男児、七歳の女児が神社にお参りし、健やかな成長を祈る儀式です。

古くは三歳の「髪置」(それまで剃っていた髪を伸ばし始める)、五歳の袴着(初めて袴を着ける)、七歳の「帯解」(小袖に縫付けられていた紐を取り、初めて帯を締める)という習俗がありましたが、これらは公家や武家という、ごく限られた階層の間で行われていたものでした。

やがて時代が下ると共にこれが各層に広まり、江戸時代末には「十五日子供髪置、はかま著、帶解の祝ひ、諸所氏神へ參詣有、とりわき赤坂山王社…」(「増補江戸年中行事」享和3)、「…各あらたに衣服をととのへ産土神へ詣し…永田馬場山王宮…何れも今日神樂ありて賑へり」(「東都歳時記卷五」天保9)とあるように、十一月十五日に七五三詣として神社に参詣する風が定着しました。

お子様の健やかなご成長と幸福をお祈りします。

年齢
(数え年)
性別古儀解説
3歳男児
女児
髪置きの儀中世の日本では幼児は髫(うない)という、肩のあたりで切りそろえた髪型をしていました。髪置きの儀を境に切りそろえていた髪を伸ばすようになり、児童の仲間入りをしました。この風習は室町時代後期頃に広まったと言われています。
5歳男児袴着の儀袴着はもと着袴(ちゃっこ)と呼ばれ、平安時代にはこの儀式が行われていた記録があります。昔は男女とも行なっていたようですが、現在は男児が初めて袴を付け少年の仲間入りを果たす意味合いがあります。
7歳女児帯解きの儀子供の着物には付紐といって、着物に帯の代わりになる紐がついており、着やすく、また着崩れしにくくなっていました。帯解きの儀を経て女児は付紐を取り、大人と同じ帯を使うようになり、社会的にも少女の仲間入りをしました

碁盤の儀

お子様が四方を拝礼し、基盤から勢い良く吉方(神社)に向かい飛び降りることで心身ともに立派な大人に成長し自立するように願い、また囲碁にあやかって勝負の運を自分で切り開くように願いを込めるという儀式です。日本橋日枝神社では境内と社殿内に碁盤を設置しております。

ご予約方法

日本橋日枝神社では9:00〜16:30の間でご祈願を承っております。ご祈願日の3日前まではHP内の「御祈祷お申込フォーム」からのお申し込みが可能です。

お宮参り・七五三
ご祈祷申込フォーム

電話 03-3666-3574

  • 日枝あかさか